休眠口座とは

一般的に、銀行や信用金庫などといった
金融機関に口座を開設し、預金として現金を
預け入れたまま、長期間(10年以上)その口座から現金の出し入れなどの取引が一切行われておらず、預金者との連絡も途絶えてしまった口座の事を、休眠口座と呼びます。

 

一応は、日本の商法上の規定によって、銀行の
預金の場合、5年間権利行使が無かった場合
には、消滅時効が適用され、払い戻しなどの権利行使ができなくなるとされます。

 

また、信用金庫の預金の場合には、民法上の規定により、10年経過した時点で、同様に時効消滅となる様です。

 

ですが、実務上でこれまでに、金融機関側が時効消滅を理由として、休眠口座の払い戻しを拒否した、という事例は無いとされています。

 

なぜならば、休眠口座に対するそれぞれの金融機関の処置内容が事なる上に、公式サイト上や店舗内に至っても、この件に関してはしっかり明記していない金融機関がほとんどである、という現状があるからでしょう。

 

ただし、ゆうちょ銀行の預金に関してだけは、預け入れから20年と2ヶ月以上経っても放置されている休眠口座については、旧郵便貯金法の規定が適用され、全ての権利が消滅し、払い戻しももちろん出来なくなるそうなので、注意が必要です。

休眠口座に時効はあるの?

長期間にわたってお金の出し入れなどの取引が行われておらず、預金者との連絡も途絶えてしまった口座の事を休眠口座と呼びますが、この休眠口座には、時効があるのをご存知でしょうか。

 

銀行の預金口座の場合ですと、預金債権の消滅時効は本来は5年とされいますが、実務上では、10年以上取引も無く連絡も取れない口座を、休眠口座として取り扱う様にしているそうです。

 

ですが、規定としてそう定められているとはいえ、実際に休眠口座の払い戻しを拒否する、という例はこれまでには無いそうです。

 

と言う事で、消滅時効の適用が法定されているとは言っても、実際に預金者の権利が消滅してしまう、と言う事は、今の所、無いと言えそうですね。

 

ただし、郵便貯金に関してだけは、民営化した現在も、民営化以前の規定を適用する事になっているらしく、民営化以前に開設した口座で休眠口座扱いとなってしまった口座に関しては、20年と2ヶ月が経過した時点で、消滅時効が適用となり、払い戻しなども出来なくなるそうで、これについては、トラブルとなってしまうケースも少なくないと言いますから、心当たりのある方は、早めに確認してみる事をお勧めします。

休眠預金がないか確認してみよう

休眠預金とは休眠口座、睡眠口座とも呼ばれる、長い期間(10年以上)お金の出し入れをしていない預金口座の事を指します。

 

金融機関である銀行や信託銀行、信用金庫や
労働金庫などなど、それぞれの機関によって
その期間や法的根拠、効力についてはも
違っていますので、まず、自身の口座に
睡眠預金に当たる物がありそうな場合には、まずその口座のある金融機関に直接問い合わせて、
確認する事をお勧めします。

 

一般的には、10年以上に渡り、一切取引の
行われていない預金口座に関しては、預金者本人であっても払い戻しなどの債権が失効すると
言われていますが、実際には、例え、睡眠口座であったとしても預金者の請求があれば窓口での
支払いに応じる、といった金融機関が
ほとんだと言われています。

 

この休眠口座、実は意外と多くの人が持っている可能性があるとも言われ、自分のは休眠預金
ではない、相当しない、もしくは、そういった
口座、預金は無い、と思っていたとしても、
この機会に確認してみる事をお勧めします。

キャッシングについて

更新履歴


このページの先頭へ戻る